栄養まんてん!「まんてんサラダ」

「まんてんレタス」は玉レタスではなく【リーフレタス】です。
リーフレタスは玉レタスに比べて

βカロテンが10 倍!
ビタミン・ミネラルが2倍豊富!

リーフレタス画像

サラダイメージ
期待される効果イメージ1

成分名 単位 レタス リーフレタス
βカロテン μg 240 2300
日本食品標準成分表 2015年(七訂)から引用
(100g換算の数値です)
まんてんちゃんが詳しく解説
βカロテンは健康の素βカロテンはニンジンやかぼちゃなどの緑黄色野菜に多く含まれているイメージがありますが、実はリーフレタスにも沢山のβカロテンが入っているのです。βカロテンは抗酸化作用も強く、活性酸
素が与える影響を抑える働きがあり、美肌効果、発がんリスクの低減、生活習慣病の予防や体全体の老化を抑えるアンチエイジング効果があります。
また、粘膜を強くする作用もあり口内炎などの口の中のトラブルも改善が期待されます。
さらに、βカロテンは体内で必要に応じてビタミンA にも変化するので、夜盲症の予防も期待できます。
まんてんサラダイメージ
期待される効果イメージ2

カリウムは血圧対策

成分名 単位 レタス リーフレタス
カリウム 200 490
日本食品標準成分表 2015年(七訂)から引用
(100g換算の数値です)
まんてんちゃんが詳しく解説
カリウムは血圧対策カリウムは高血圧や動脈硬化の原因になるナトリウム( 塩分)を体の外に出す働きがあります。また、カリウムが不足してくると筋肉の動きが悪くなります。夏場は特に汗と一緒にカリウムが出て行ってしまうので夏バテの原因になってしまいます。
カリウムは水溶性なので、露地栽培のレタスは洗う際に水に溶けだしてしまいます。その点「まんてんレタス」は洗わずそのまま食べられるのでカリウムの損失が少なくできます。
お子様にも安心、安全なイメージ
期待される効果イメージ3

お子様の成長にも

成分名 単位 レタス リーフレタス
ビタミンK μg 29 160
葉酸 μg 73 110
日本食品標準成分表 2015年(七訂)から引用
(100g換算の数値です)
まんてんちゃんが詳しく解説
ビタミンK。あまり聞きなれないビタミンですが、骨を健康に保つためにとても大切なものです。骨に含まれるタンパク質を活性化することで骨の成長を助けます。骨祖しょう症の予防、改善効果も期待されます。
葉酸は妊娠、授乳期の方には是非積極的に摂って欲しい栄養素です。特に妊娠初期にはあかちゃんの健やかな成長のために普段の2 倍近く必要になると言われています。
また、成長期のこども達の体を作る際にも重要な役割を果たしています。
葉酸は水溶性のため、水洗いする際に一緒に流れていくことも考えられます。「まんてんレタス」は袋から出してそのまま食べられるので栄養素の損失が少なくなります。

他にも良い所いっぱい!「まんてんサラダ」

無農薬栽培で安心安全
虫の混入がなく菌も少ない
長期間の保存が可能
品質が一年中安定